嘘八百

国擬人化っぽいものを置いてあります。「始めに」は必読。

牛肉

0   0

もうずいぶん前の話だが、昔アメリカの大学に留学してた頃テレビ
でこんな感じのニュースレポートを見た。

「日本人はなぜアメリカ産牛肉を買わないのか?」

レボーターが日本と米国の食肉輸入障壁の問題を説明する。全体的
にやや非難がましい口調。

そして日本での街頭インタビュー。「国産牛肉の方がおいしいから」
「アメリカの牛肉まずいから」などと答える日本人。
一緒にテレビを見ていた現地学生たち、ちょっとムッとするw

レポーター:「確かに最近ニューヨークでは日本産牛肉を売り物に
した高級レストランが増えている。日本産の牛肉はそんなに美味い
のか? 私は自分でそれを確かめるべく、ニューヨークで一番人気と
いわれるレストランXX(店名忘れた)に足を運んだ。」

レポーターの前に出されるステーキ。日本人の目から見ると結構な
大きさがあるが、レポーターは「信じられるかい? こんなちっぽけ
なステーキが300ドルもするんだ!」と大げさに驚く。

ステーキを口にするレポーター。
しばらく沈黙。

レポーター:(神妙な口調で)「......我々がこれまで食べていたのは
サンダルの底だった」
以上、XX記者のレポートでした。

それでレポート終わり(笑)
アメリカのニュースはオチの付け方上手いなあ、と感心したのを憶え
てます。



アメリカのカリフォルニアに住んでるアメリカ人とネットでお話していたらこんな話になった

米人「俺さ、NHKや日本のニュース番組見てるんだ。」
私「え?何で?日本のニュース見ても貴方には何も関係無いでしょう?」
米人「そうなんだけどさ、こっち(アメリカ)は毎日毎日戦争報道ばっかりなんだ。
もう戦争なんかいいんだよ。CNNって知ってるだろ?」
私「ああ、有名だよね。CNN。」
米人「CNNに新しいスポンサーがついたんだけど、何処だと思う?」
私「その口振りから言うと、あんまり穏やかじゃなさそうだね。」
米人「そう!そうなんだよ!知ってるかい?CNNの新しいスポンサーはアメリカ海軍さ!」
私「本当?」
米人「じゃあ CNN 見てみろよ。番組の前後に【この番組はアメリカ海軍の提供です】って文字が出るぜ。」
私「大変そうだね。でも何で日本のニュース番組見るの?」
米人「日本のニュースはどっから見ても平和そのものじゃないか!日本だってテロの対象だろう?何でこんなに平和なんだよ!」
私「え?つまり?」
米人「お花が咲いたとか!アザラシのタマちゃんが出たとか!タマちゃんが住民票とっただとか!桜前線北上中とか!!どうでもいいじゃねえかそんな事!!」
私「あー、そう言えばあんまり意識した事なかったなー。」
米人「それはお前らの国が平和だからだよ!何だよ!!何がタマちゃんだよ!!アメリカのマスコミはクソったれだ!!」
私「お花かー、そういえばもうすぐ花見だね。」
米人「花見!?花見って花見て酒飲んで踊る奴か!?くっそーーーー!!!!日本は何でそんな平和なんだ!!チクショウ!!クソがっ!!花が咲いたなんてどうでもいいじゃねえか!!何でいちいちニュースで報道するんだよ!!!チクショウ!!平和だ!!!タマちゃんがっ!!」
私「あははは......」(笑うしかなかった)

改めて日本政府の平和外交(?)と、平和憲法の恐ろしさを知りました



あんま和む話じゃないかもしんないけど投下。

今日地元の駅で人と待ち合わせてたら、ホームレスのじいちゃんがこの暑い中
毛布に包まって座ってたのよ。もうちっこくなってぐたーっとして。いつもいるような人なんだけどね。
でまあみんな見てみぬふりで、私も特に気にせずその近くで待ってたんだけど、
一人のフィリピン系のお姉さん(おばさん?)がしきりに
そのじいちゃんの周りをうろうろしてんの。すごい気にしてる感じで。

で、なんなんだろと思って見てたらいきなりそのじいちゃんに
『ハイ!コレアゲルカラ!』
って言って千円を握らせたの。それで
『オサケダメヨ、タベモノカッテ!コレデチャントタベテ!』
ってぶっきらぼうに言ってすぐどっか行っちゃった。
じいちゃんはずっと『ありがとぉ、ありがとぉ』って言ってた。

ホームレスにお金渡す人初めて見たし、おまけにそんな言葉をかけてあげるっていうのが
すごい衝撃的で、なんかいろいろ考えさせられた。
同じ日本人の私たちは知らんぷりしてるのに・・・って。
あのお姉さんもいろいろ思うところがあったんだろうなぁ・・・



今日の朝の番組で、男性ダンサーがTバックでセクスィーに踊ったりする日本の店の外国人ダンサーの
特集やってたんだけど、彼らはプロのダンサーで外国の有名な歌手のバックダンサーだったりするんだよね。
日本に来る前に、500人くらいの中からオーディションで選ばれて来日して、仕事してるんだそうで、
仕事場⇔マンションの往復しかしてなくて、日本で遊んだりせず、食事もキチンと気をつけて
ジムで毎日体を鍛えたり、日本語学校に通ったりしてるんだそうだ。
その中の一人にインタビューをして「何故日本にきたの?」と質問をすると、
すんごく真面目な顔で「忍者になりたかったからだ」と言った。
「忍者・・・?」と聞き返すと「僕らの国では昔から忍者映画がよく放送されてて、昔から忍者になりたいと思ってた」
と言うことだそうだ。また、「日本語学校を卒業したら忍者学校に入りたい」と真顔で笑いもせず答えていた。



アメリカのテレビ番組で日本のスーパー(ジャスコ)が紹介されてた

アナA 今日は日本の大手スーパーマーケットにやってまいりました
アナB さっそくチェックしてみましょう、まずは野菜売り場から
アナA ちょっと見て下さいよ、この瑞々しさ!レタスやキャベツがパサパサ
してません!驚きですね。
アナB そんなので驚いてはいけません。ほらアメリカから輸入された食材がたくさんありますけど、アメリカのスーパーより新鮮です。
アナA 本当ですね。
アナB 次は肉売り場を見てみましょう。
アナA 脂身が少ない!あとなんだか小さいパックですね。
アナB 日本人は健康にうるさいですから脂身は嫌われます。魚売り場に行ってみましょう。
アナA 伝統料理サシミがありますね。刺身以外は火を通さないといけないんでしょうか?
アナB 鮮度にうるさい日本で腐った魚を売ってるなんて事ありません。
注文すれば無料で捌いてくれるそうですよ。次は日本が誇る加工食品を
見てみましょう。
アナA これは冷凍食品ですね。(試食する)これは驚きです。一流レストランの味そのものです!
アナB 舌が肥えてる日本人にとってはこれでもまだまだ発展途上の味らしいですよ。
・・・中略・・・
アナA 乳製品コーナーに来ていますが、ちょっと見て下さい。バターなどがこんな小さなパックに入っています。
アナB 日本人は鮮度にうるさいのでまとめ買いをする習慣が無いのです。それにほら生乳100%のミルクが並んでますよ。
アナA 私は牧場でしか生乳飲んだことありませんが日本ではスーパーで売ってるんですね。驚きです。
アナB 日本人はローファットミルクはまずくて飲めないらしいですよ。



中学時代の英語の授業での思い出

我が中学にカナダからブロンド美女の先生が来た
初授業の日、まずは自己紹介しないといけないのだが
彼女はほとんど日本語を理解出来ないので、生徒は英語で自己紹介
生徒達の机の間を歩き、一人一人の自己紹介を笑顔で聞く先生
しかし、私の自己紹介を聞いた彼女は「?」という顔をした
当然かもしれない、なぜなら私の名前は『アイ』。
英語だと『私は、』とか『目』になってしまう
恥ずかしくて焦った私は「Love!Love!マイネームイズLove!!」と必死で訴えた
すかさず横で担任の先生が補足してくれる。笑ってるけど。
担任のフォローを聞いたブロンド美女は「オーゥ!」と言い頷く。理解したようだ。

授業が終わった後「ここに日本語で名前を書いて」とノートを差し出してきた
漢字で『愛』と書いたらブンブン握手され、後日廊下で会うと「アイ!」と呼んでくれるようになりました。

初対面の外国人には怪訝な顔をされるけど、意味を理解すると褒めてくれてちょっと嬉しいです
この名前をつけてくれた親に今更ながら感謝。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://uso800horahuki.blog108.fc2.com/tb.php/91-cfe61855
該当の記事は見つかりませんでした。